アプリ開発にはどんなやりかたがあるのでしょう

アプリケーションの開発の仕方を勉強しましょう。


これからアプリを開発しようを考えた場合、まずは開発の準備を整える事から始めます。

今回は、androidアプリの開発環境についてご説明致します。

まず、androidアプリを開発するには、androidアプリを開発出来る環境を作る必要があります。

android はGoogle がサービスを運営しているGoogle PlayとandroidというOS。

androidというOSが搭載されているスマートフォンのandroid端末がありますが、このandroid上で動くアプリを開発するには、Googleが提供している統合開発環境のandroid Studioとそれ以外の開発環境の2種類があります。

作業中のパソコンのキーボードとマウス

最近ではyappliやアプリビルダー、Monacaクラウド等がありますが、一般的なandroidアプリの開発環境と言えば、2014年の秋頃まではEclipseでしたが、現在では無料のandroid Studioを使う人が増えています。

android Studioの魅力としては無料である事と、Googleが推奨している統合開発環境である事、言語はJava言語を使用してプログラミングをするのですが、高度なアプリ開発を行えるという事で、android Javaのエンジニアには広く利用されており、画面レイアウトなどのGUI部品の配置がやりやすい事も人気の理由です。

Googleが提供しているandroidアプリを開発する為の統合開発環境なので、当然、iosアプリ開発には使用する事は出来ず、androidアプリのみ対応となります。

android Studio 以外の統合開発環境で人気のプリビルダーについても説明しますと、どちらもandroid Javaなどのプログラミングが不要で、プログラムが苦手な人でもアプリ開発を出来る方法として注目されています。

Yappliはそうしたプログラミング知識が必要ないASPサービスの中でも、かなり本格的なアプリ開発が出来るという事で人気が高い統合開発環境で、Yahoo!出身メンバーが開発に携わったという事で、プロっぽいデザインや機能のアプリを素人でも作れるという事が魅力です。

世界をつながるインターネット

ただ、月額使用料が毎月9,800円とやや高めなので、これからアプリ開発をチャレンジしたいという初心者の方であれば、無料でアプリを制作出来るアプリビルダーがオススメです。

このアプリビルダーは、制作するアプリのベースが9種類用意されていて、自分がこれから作りたいandroidアプリをイメージしやすく、それぞれのジャンルごとに必要な機能が最初から用意されているので、プログラミング言語が分からないアプリ制作の未経験者でも、簡単に開発出来るように設計されています。

ちなみにandroidアプリを開発する為には、android Studioだけでは駄目で、androidアプリの開発に必要なJavaのプログラミングで、JDK(Java Development Kit)が必要となります。

最初にJDKをインストールしていない状態ではandroid Studioはインストール出来ないので、JDKを持っていない方は、まず先にJDKをインストールしましょう。



 

 

 

プログラムと言えば、情報処理やプログラマーの学校でプログラムを学んだエンジニアや、趣味でパソコンやプログラムに関心のある人が勉強する知識でしたが、最近ではインターネットが普及した事や、パソコンが誰でも持っている時代になり、そこでWebサイトを勉強して自分でホームページを作る人たちが増えました。

そして時代は変わり、パソコンで見ていたインターネットの世界は、スマートフォンの普及によってスマートフォンアプリへと変わり、このスマートフォンアプリの普及によって、アプリ開発に興味を持つ人が増えていますが、Webサイトのプログラミングと違ってスマートフォンアプリの開発には、iosアプリとandroidアプリ両方の開発環境の構築や、Objective-C、Swift、android Javaなどのプログラミング知識が必要となります。

しかし最近ではObjective-C、Swift、android Javaなどのプログラミング知識や、UI/UXの知識が無くてもスマートフォンアプリを作れる方法が出てきていて、それがプログラミングの知識が無くてもアプリ開発が出来るASPサービスです。

インターネットと木

このASPサービスには、アプリビルダーやBRAND、GameSaladなどの無料でスマートフォンアプリが作れるサービスを提供している会社も多く、いずれもプログラミングスキルが必要ないので、スマートフォンアプリ開発には興味があるけど、プログラムを勉強する自信がないという人でも簡単に利用する事が出来ます。

BRANDに関しては無料で誰でも簡単にアプリが作れるというだけではなく、そのデザインテンプレートの豊富さや、カスタマイズ性にも定評があります。

そしてこのBRANDでスマートフォンアプリ開発に慣れてきて、もっと本格的なスマートフォンアプリを作りたいとなった場合には、月額4,900円の有料プランに切り替える事で、無料プランでは表示されていた。
広告表示が無くなり、サーバーの容量も50MBから500MBに増加されます。

それ以外にもスマートフォンアプリのオリジナルオープニングアニメーションを追加出来たり、iosアプリ、androidアプリの両方の開発も可能となります。

アットマークが発信しているイメージ

GameSaladも同様に無料のプログラミングスキル不要のASPサービスで、誰でも簡単にゲームアプリを作る事が出来、日本語にも対応もしています。

無料版ではiosアプリ、Macアプリを開発してApp Storeに公開する事が出来、androidアプリに関しては有料版にする事で、GooglePlayの公開やアプリ内課金が出来るようになります。

コーディングが不要で、ドラッグ&ドロップで操作出来るので、プログラミング経験のない人でも感覚的にアプリを作る事が出来ます。

ちなみにGameSaladで作られたスマートフォンアプリと言えば「Angry Birds」が有名で、あのクオリティをプログラム知識無しで作れるとあって、未経験でスマートフォンアプリを作ってみたいと考えている人に注目のサービスなのです。

参考ページ:http://matome.naver.jp/odai/2138582079014292401

 

 

 


 

システム開発を行っていた会社のほとんどが、社内向けのシステムや、パソコン向けのシステムだったのに対し、スマートフォンの登場からその急激な普及によって、スマートフォンに搭載されているアプリ開発の需要も増えています。

しかし、アプリ開発を行うに当たって、スマートフォンアプリは大きく2種類が存在し、その一つがApple社が開発したiphone に搭載されているiosアプリと、Google社が提供しているandroidを搭載したandroidアプリに分かれています。

いずれも全く異なる言語と、開発環境でプログラミングされているので互換性もなく、アプリ開発を行っている会社がアプリを作るとなった場合、iosアプリとandroidアプリの両方を作るか、それぞれ片方だけに特化するかの2択を迫られてしまいます。

その理由としては、iosアプリを開発する場合iosアプリを開発する開発環境を整える必要があり、また同時にiosアプリのプログラム開発に必要なObjective-CやSwiftという言語をマスターしたシステムエンジニアを揃える必要があります。

インターネットの全世界通信によって人類が繋がるイメージ

一方、androidアプリを開発する場合も同様で、androidアプリを開発する開発環境を整え、androidアプリの開発に必要なandroid Javaのプログラマーを集めなければいけません。

しかし両方の環境で開発するとiosアプリとandroidアプリ両方の開発コストがかさむので、近年ではクロスプラットフォームと呼ばれる異なるプラットフォームを活用する方法で、同じ仕様のものを動かすことが出来るプログラムが利用されています。

iosアプリを開発する場合、OSはMacOSでの開発になり、androidアプリを開発する場合にはWindowsパソコンで行われます。

ところがこのクロスプラットフォームを利用する事で、1つのアプリケーション、コードを、MacOS、Windows両方のOS上で動かせるようになるというのです。

アプリケーション開発に携わるエンジニアがアイデアを思い付くイメージ


今まではiosアプリとandroidアプリ両方で開発するには、それぞれOS毎にソースコードを分ける必要がありましたが、このクロスプラットフォームの登場によって、ソースコードの統一化が可能となりました。

メリットは当然、複数のデバイスで動くアプリが1つのコードから作れるという事で、デメリットとしては、ネイティブで実装した場合と比較して実行速度が遅い場合がある点です。

それ以外のデメリットとしては、ライブラリ特有のバグが存在する可能性があるので、各OSの全機能を引き出せないという部分にありますが、ネイティブ実装よりリバースエンジニアリングやチートがしやすい場合があります。

クロスプラットフォームといえば、ゲーム開発で広く使われているUnityやCocos2d-xや、Monaca、C#系のXamarinなどが有名です。

 

 

 

 

年急激に普及してきたスマートフォンには、アプリと呼ばれるソフトウェアがありますが、このアプリを自由にインストールする事で、自分が使いやすいようにカスタマイズ出来、その便利さや拡張性で爆発的にガラケーから切り替える人が増えています。

スマートフォンの魅力は当然アプリにあり、そのアプリを動かす環境がスマートフォンになります。スマートフォンには、iphoneとandroidがあり、それぞれ互換性はなく、iphoneはApple社が、androidはGoogle社が運営しています。

iphoneで動くアプリはiphoneアプリと呼ばれ、androidで動くアプリは、androidアプリと呼ばれていて、今回はiphoneアプリの開発環境についてご説明します。

アプリ開発をしているエンジニア

iphoneアプリはiphone内にあるiosと呼ばれるOS上で起動するので、iosアプリとも呼びます。

iosアプリを作る方法は、Objective-Cと呼ばれるプログラミング言語での開発でしたが、Objective-C の文法はC言語から拡張された言語ということもあり、その複雑さからもプログラマーから敬遠されており、iosアプリの開発よりも、短期間で習得可能なandroidアプリの開発をする人が増えていました。

ところが2014年の6月にAppleが新言語のSwiftを発表したことで、Swiftを学んでiosアプリの開発にチャレンジする人が増えています。

今後iosアプリの開発に関してはObjective-CからSwiftに移行していく可能性を打ち出した事で、Objective-C の文法に悩まされていたアプリエンジニアがSwiftでプログラムを組むようになりました。

Swiftでは、Objective-Cで必要だった長い記述が短い記述で動くようになった事で、プログラム初心者でも覚えやすいという点が一つと、コードの安全性に配慮がされていて、不具合が発生しにくく処理が速いというメリットもあります。

プログラミング言語で書かれたソースコードには、大きく分けてコンパイル方式と、インタプリタ方式の2つがありますが、コンパイル方式の代表的なものには、C、C++、Javaなどがあり、インタプリタ方式の代表的なものにはJavaScript、Perl、PHPがあります。

アプリ開発について勉強しているアプリ開発する初心者

ちなみにiosアプリ開発で使用するObjective-Cはコンパイル方式で、Swiftはコンパイル方式の言語なのですが、簡単なコードであればインタプリタのようにXcode内の機能ですぐに確認出来る点もSwiftの魅力です。iosアプリを作る際の開発環境としては統合開発環境「Xcode」を使います。

プログラムをしたソースコードはプログラミング言語で書かれテキストファイルなので、テキストエディタ、コンパイラ、プログラムを実行する環境が必要です。

XcodeはMacのアプリやiosアプリ開発の中心になるツールで、Xcodeコーディングや実行ファイルの作成だけではなく、プロジェクト管理や実機のシミュレーションが出来る「iosシミュレータ」も使えますので、iosアプリを開発するにはこれらの開発環境が必要となります。



 

 

 

スマートフォンが近年、短期間で急激普及してきた事で、スマートフォンに搭載されているアプリの需要も増えていますが、個人でもこのスマートフォン向けのアプリ開発をする人が増えています。

スマートフォンアプリは現在、iosアプリ、androidアプリ合わせて200万を超え、年々アプリの開発数も増えていて、今までプログラミングに馴染みがなかったような人でも、アプリ開発にチャレンジする人が増えています。

スマートフォン向けのアプリを開発する際には使用する言語としては、iosアプリ、androidアプリでそれぞれ開発に使用される言語は変わってきます。

インターネットに関連するアットマーク

iosアプリの開発ではSwiftまたはObjective-Cという言語が使用されていて、元々はiosアプリの開発はObjective-Cのみでした。

それによってObjective-Cを覚える事が出来なかったアプリエンジニアは敷居が高く、iosアプリの開発を断念するアプリエンジニアも多かったのですが、2014年6月にAppleが新しいプログラミング言語としてSwiftが登場し、従来のObjective-cと比べてソースコードが簡略化されていますので、初心者での簡単にアプリ開発を行うことが出来るようになりました。

現状、iosアプリ開発の現場では今でもObjective-cが広く使われていますが、AppleがSwiftでのアプリ開発を推奨している事と、SwiftがObjective-cとも組み合わせられることで互換性があるので、これからアプリ開発を始めたいという方にはSwiftがオススメです。

次にandroidアプリではSwiftやObjective-Cではなく、android Javaという言語が使われています。

Javaはパソコンの方もソフトウェアの開発やWebサイトの開発でも使われている言語なので、iosアプリ開発よりもandroidアプリから始める人が多く、その開発環境も、android Javaが必要ではあるのですが、

最近ではプログラム言語がわからなくてもプログラムを組む事が出来る方法があり、それはアプリ開発用のASPサービスを活用してアプリ開発を行うという方法です。

パソコンのプログラムデータ

androidアプリ開発には、Eclipseという開発環境にいつくかのプラグインをインストールし、Xcodeだけで開発が出来るiosアプリの開発と比較すると環境構築が本当に面倒でしたが、2014年12月にandroid Studioが公開された事で、格段にandroidアプリの開発は楽になり、Googleもandroid Staddioでの開発を推奨しているそうです。

iosアプリ開発とandroidアプリ開発で使用する言語を比較すると、iosアプリの開発で使えるSwift、Objective-Cとandroidアプリの開発で使えるandroid Javaという違いがありますが、iosアプリはApple社、androidアプリはGoogle社と、サービスを提供する会社が異なり、プラットフォームも異なるので、自ずとそこで動く言語に違いが出るので、作りたいスマートフォンアプリによって、使用する言語や開発環境は変わってきます。

つまり、iosアプリとandroidアプリ両方でリリースしたいとなった場合、Swift、またはObjective-Cとandroid Java両方の言語での開発が必要になるのです。