アプリケーションの開発の仕方を勉強しましょう。


アプリ開発方法情報まとめ

スマートフォンが近年、短期間で急激普及してきた事で、スマートフォンに搭載されているアプリの需要も増えていますが、個人でもこのスマートフォン向けのアプリ開発をする人が増えています。

スマートフォンアプリは現在、iosアプリ、androidアプリ合わせて200万を超え、年々アプリの開発数も増えていて、今までプログラミングに馴染みがなかったような人でも、アプリ開発にチャレンジする人が増えています。

スマートフォン向けのアプリを開発する際には使用する言語としては、iosアプリ、androidアプリでそれぞれ開発に使用される言語は変わってきます。

インターネットに関連するアットマーク

iosアプリの開発ではSwiftまたはObjective-Cという言語が使用されていて、元々はiosアプリの開発はObjective-Cのみでした。

それによってObjective-Cを覚える事が出来なかったアプリエンジニアは敷居が高く、iosアプリの開発を断念するアプリエンジニアも多かったのですが、2014年6月にAppleが新しいプログラミング言語としてSwiftが登場し、従来のObjective-cと比べてソースコードが簡略化されていますので、初心者での簡単にアプリ開発を行うことが出来るようになりました。

現状、iosアプリ開発の現場では今でもObjective-cが広く使われていますが、AppleがSwiftでのアプリ開発を推奨している事と、SwiftがObjective-cとも組み合わせられることで互換性があるので、これからアプリ開発を始めたいという方にはSwiftがオススメです。

次にandroidアプリではSwiftやObjective-Cではなく、android Javaという言語が使われています。

Javaはパソコンの方もソフトウェアの開発やWebサイトの開発でも使われている言語なので、iosアプリ開発よりもandroidアプリから始める人が多く、その開発環境も、android Javaが必要ではあるのですが、

最近ではプログラム言語がわからなくてもプログラムを組む事が出来る方法があり、それはアプリ開発用のASPサービスを活用してアプリ開発を行うという方法です。

パソコンのプログラムデータ

androidアプリ開発には、Eclipseという開発環境にいつくかのプラグインをインストールし、Xcodeだけで開発が出来るiosアプリの開発と比較すると環境構築が本当に面倒でしたが、2014年12月にandroid Studioが公開された事で、格段にandroidアプリの開発は楽になり、Googleもandroid Staddioでの開発を推奨しているそうです。

iosアプリ開発とandroidアプリ開発で使用する言語を比較すると、iosアプリの開発で使えるSwift、Objective-Cとandroidアプリの開発で使えるandroid Javaという違いがありますが、iosアプリはApple社、androidアプリはGoogle社と、サービスを提供する会社が異なり、プラットフォームも異なるので、自ずとそこで動く言語に違いが出るので、作りたいスマートフォンアプリによって、使用する言語や開発環境は変わってきます。

つまり、iosアプリとandroidアプリ両方でリリースしたいとなった場合、Swift、またはObjective-Cとandroid Java両方の言語での開発が必要になるのです。



 

 

 

Posted in アプリ開発