アプリケーションの開発の仕方を勉強しましょう。


androidアプリの開発環境について

これからアプリを開発しようを考えた場合、まずは開発の準備を整える事から始めます。

今回は、androidアプリの開発環境についてご説明致します。

まず、androidアプリを開発するには、androidアプリを開発出来る環境を作る必要があります。

android はGoogle がサービスを運営しているGoogle PlayとandroidというOS。

androidというOSが搭載されているスマートフォンのandroid端末がありますが、このandroid上で動くアプリを開発するには、Googleが提供している統合開発環境のandroid Studioとそれ以外の開発環境の2種類があります。

作業中のパソコンのキーボードとマウス

最近ではyappliやアプリビルダー、Monacaクラウド等がありますが、一般的なandroidアプリの開発環境と言えば、2014年の秋頃まではEclipseでしたが、現在では無料のandroid Studioを使う人が増えています。

android Studioの魅力としては無料である事と、Googleが推奨している統合開発環境である事、言語はJava言語を使用してプログラミングをするのですが、高度なアプリ開発を行えるという事で、android Javaのエンジニアには広く利用されており、画面レイアウトなどのGUI部品の配置がやりやすい事も人気の理由です。

Googleが提供しているandroidアプリを開発する為の統合開発環境なので、当然、iosアプリ開発には使用する事は出来ず、androidアプリのみ対応となります。

android Studio 以外の統合開発環境で人気のプリビルダーについても説明しますと、どちらもandroid Javaなどのプログラミングが不要で、プログラムが苦手な人でもアプリ開発を出来る方法として注目されています。

Yappliはそうしたプログラミング知識が必要ないASPサービスの中でも、かなり本格的なアプリ開発が出来るという事で人気が高い統合開発環境で、Yahoo!出身メンバーが開発に携わったという事で、プロっぽいデザインや機能のアプリを素人でも作れるという事が魅力です。

世界をつながるインターネット

ただ、月額使用料が毎月9,800円とやや高めなので、これからアプリ開発をチャレンジしたいという初心者の方であれば、無料でアプリを制作出来るアプリビルダーがオススメです。

このアプリビルダーは、制作するアプリのベースが9種類用意されていて、自分がこれから作りたいandroidアプリをイメージしやすく、それぞれのジャンルごとに必要な機能が最初から用意されているので、プログラミング言語が分からないアプリ制作の未経験者でも、簡単に開発出来るように設計されています。

ちなみにandroidアプリを開発する為には、android Studioだけでは駄目で、androidアプリの開発に必要なJavaのプログラミングで、JDK(Java Development Kit)が必要となります。

最初にJDKをインストールしていない状態ではandroid Studioはインストール出来ないので、JDKを持っていない方は、まず先にJDKをインストールしましょう。



 

 

 

Posted in アプリ開発